カメラブランド「ライカ」製品を販売

「ダイヤモンド・プリンセス」「サファイア・プリンセス」アジアクルーズの船上で、カメラブランド「ライカ」製品を販売

Princess4

プリンセス・クルーズは、8月上旬よりアジア市場で運航する「ダイヤモンド・プリンセス」「サファイア・プリンセス」の
両船上にて、ライカカメラ製品を販売します。
ライカ製品は、プリンセス・クルーズが初めて同社クルーズに採用する高級カメラブランドで、
両船上のフォトギャラリー内ライカ専用ブティックで提供します。

ライカカメラ AG は、特に日本と中国を中心としたアジア地区で強い存在感を示すカメラブランドで、
高性能で傑出した同社のレンズは、その品質ゆえにアジア地区の消費者の間で高い人気を博しています。
「ダイヤモンド・プリンセス」「サファイア・プリンセス」の船上では、699~1,795US ドルの価格帯の製品を
販売します。

ライカカメラは、100 年以上も豊かな歴史を受け継ぎ続け、このライカにより、世界中の写真家達は忘れることのできない、
一生に一度の瞬間をとらえてきました。
たとえば、アルベルト・コルダが撮影したチェ・ゲバラ、デニス・ストックが撮影したタイムズ・スクエアに佇む
ジェームズ・ディーンなど、時間を超越してアイコン的存在となった歴史的写真が、ライカのフィルムカメラで撮影されました。

プリンセス・クルーズは、2013年に日本発着クルーズを開始しました。
2年目にあたる2014年より「ダイヤモンド・プリンセス」が投入され、横浜港・神戸港を母港に
日本発着クルーズを運航しています。
本年2015年(4月~9月)に続き、2016年も4月~10月まで、ショートクルーズ(5日間~7日間)をはじめ、
バラエティ豊かな全16コース、21出発日のクルーズにて運航し、すでに、4月より販売を開始しています。
また、日本発着シーズン終了後の2016年11月には、シンガポールを発着港とする新クルーズシーズンを
開始します。

一方、「サファイア・プリンセス」は、アジアでのクルーズに就航して2年目を迎えました。
2015年11月から2016年3月までの期間、シンガポールを発着港とする東南アジアのクルーズシーズンを
初年度より期間を延長して提供しています。