『ロイヤル・プリンセス』クラスの3隻目の客船が2017年就航

Princess4

カーニバル・コーポレーション& plc(NYSE/LSE:CCL; NYSE:CUK)傘下のプリンセス・クルーズは、
イタリアの造船会社フィンカンティエリ社と、2017年に就航する新造船の契約を結んだことを発表しました。

まだ名前も決まっていない143,000トンの新造船は、総工費約6億ユーロ、乗客定員3,560人を予定しており、
世界中の人を魅了してきた『ロイヤル・プリンセス』(2013年就航)と『リーガル・プリンセス』
(2014年5月就航)の姉妹船2隻と同様の基本設計となる予定。

新造船には、社交の中心となるアトリウムと複数のレストラン、エンターテイメント施設、ショップ、
大人だけの聖域「サンクチュアリ」、屋外で映画鑑賞ができる「ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ」など、
プリンセス・クルーズの優れたゲストサービスを象徴する設備が造られるほか、
80%の客室はバルコニー付きとなる。また、ゲストサービスをさらに向上させるため、
新たな革新的要素も取り入れられる予定。

プリンセス・クルーズ社長のジャン・スワーツは、次のように述べている。
「プリンセス・クルーズの充実した現在のラインナップに、このような素晴らしい客船を
新たに追加できることを大変嬉しく思います。
『ロイヤル・プリンセス』と『リーガル・プリンセス』は非常に大きな成功を収めており、
お客様、旅行会社、報道関係の方々から非常に高い評価を得てきました。

この度、姉妹船を1隻追加することにより、さらなる革新的なクルーズ旅の提供を拡大することができます。
新造船の発注は、親会社であるカーニバル・コーポレーションが、プリンセス・クルーズ・ブランドを
高く評価している証だと考え、非常に嬉しく思います。
今回の発注は、カーニバル・コーポレーションが2017年に予定している唯一の新たな発注です。」

新造船の特徴やアメニティー、配船の詳細は、今後発表予定となっています。