プリンセスクルーズの新造船ロイヤル・プリンセスの命名式典

Princess4.gif

ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃殿下「ロイヤル・プリンセス」を命名

プリンセス・クルーズは、客船ラインアップに新たに仲間入りする「ロイヤル・プリンセス」を、
ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃殿下が命名されると発表しました。
命名式は同年6月13日に英サウサンプトンで行われ、一週間にわたる一連の就航記念式典の目玉となります。
式典では英国の伝統に基づいた命名式として、新造船誕生の祝福、イギリス海兵隊の音楽隊による演奏や
アイルランド近衛連隊のバグパイプ演奏、また現代的な催し物も盛り込んだ華やかなセレモニーが開かれます。
ロイヤル・プリンセスは6月7日、サウサンプトン・オーシャンターミナルに到着します。
その後、12日夕方に行われるガラ・パーティなど、お客様や旅行会社向けのイベントが開始され、
就航記念式典は6月16日に出航する処女航海をもって終了します。

ロイヤル・プリンセスは乗客定員3,600人の次世代客船です。注目すべき特徴としては、社交の中心となる広々としたアトリウムや、
最上階デッキに設置された長さ8.5メートルのガラス張りフロアで海上散歩が楽しめるシーウォーク、
プールサイドにはまるで水の上に浮かんでいるかのような豪華なプライベート・カバナがあります。
他にも、新しいプリンセス・ライブ・テレビスタジオや、海上で最大規模を誇るペストリー・ショップがあり、
シェフズ・テーブル・ルミエールでは、お客様を光のカーテンで包み込み、プライベートな雰囲気でダイニングが楽しめます。また、すべての海側客室はバルコニー付きとなります。

ロイヤル・プリンセス就航記念の一環として、命名式の前後に短いプレビュークルーズが2回行われます。
処女航海後、今年夏には地中海グランドクルーズ、秋からは東カリブ海クルーズが予定されています。
船に関する詳しい情報、またビデオは下記のサイトから見られます。
ww.princess.com/royalprincess